ブログtop      月別記事      新着記事      カテゴリー
<< 2017年鐘4月号巻頭言 | main |

2017年鐘5月号巻頭言

 聖母月に・・・ 

助任司祭 ミカエル山浦義春

 

1971年5月にカトリック亀有分教会は三河島教会から独立し、小教区の認可を受けました。この時に旧聖堂も大司教様より祝別をいただいています。それから20年後の1991年5月には、現在の聖堂が献堂され、祝別を受けました。現在、それからさらに26年後の5月の聖母月を迎えようとしています。この亀有においては5月の聖母月は、小教区設立や聖堂献堂の記念もあり特別なものです。今月の第二日曜日(14日)のマリア祭は亀有教会の歩みが聖母マリア様を通して、神様の御手の中にあることを記念しています。皆さん教会に足を運び、喜びを共に分かち合いましょう。

同じようにカトリックという世界に広がるキリストを信じる者にとって、今年は記念するものがあります。ちょうど100年前の1917年という年は第一次世界大戦が勃発した年であり、コルベ神父様がローマにおいてけがれなき聖母の騎士信心会(現在 けがれなき聖母の騎士会)を創立された年でありましたが、それ以上の出来事が起きました。それはファティマの聖母の出現です。つまり、今年はポルトガルのファティマに聖母マリア様が出現されて100年という節目の時を迎えています。1917年5月13日から、ファテイマに住む、ルシア、フランシスコ、ジャシンタの3人の子供の前に聖母マリア様が数回にわたり出現されました。その時に、地獄の存在、戦争の終焉と勃発、ファティマ第三の秘密が語られ、現世的な生活の悔い改め、世界平和のために祈ること、五か月連続で初土曜日に聖体を拝領することを聖母マリア様が強く望まれました。私たちが初土曜日に教会に行くことは、このファティマの出来事に由来しています。教会はこの出現を記念して5月13日をファティマの聖母の記念日としています。

2017年5月、いくつもの意味で特別な聖母月を過ごす私たちです。聖母マリア様のみ心に思いをいたし、取り次ぎを求めて祈りましょう。世界平和のために。回心の生活ができるために。そしてお互いの一致のために。