ブログtop      月別記事      新着記事      カテゴリー
<< 2016年鐘11月号巻頭言 | main | 2017年鐘1月号巻頭言 >>

2016年鐘12月号巻頭言

 最高のプレゼント 

主任司祭 ミカエル 山浦 義春

 

3000年前地中海の東岸には、ユダヤ人の王国がありました。エルサレム神殿を中心に礼拝が捧げられ、会堂では聖書の言葉が朗読され、人々は律法という規則を守りながら父なる神様と一つになる生活をしていました。しかしこのような生活は長くは続きませんでした。アッシリアの脅威にさらされるようになり、その後バビロニア王国の支配を受け、異国への強制移住が行われ、最後には神殿も壊されます。その後エルサレムに戻り神殿は再建されますが、ローマ帝国がこの地域を治め、自分たちの独立した国を持てず、税金ばかり徴収されてしまいます。自分たちの信じるユダヤ教を認めてくれる王様もいましたが、王様によっては迫害が行われ仲間が殺され、苦しい時代が続きました。

このような状況で人々はある思いを強くしていきます。それが神様がメシアと呼ばれる救い主を遣わし自分たちユダヤ人を導き、他国に勝利し、国を栄えさせてくれるという思いです。この考えがユダヤ人にとっての支えとなり、どんな境遇であれ、父なる神様が派遣してくださる救い主を待ち望んでいました。

今から2000年前のイエスさまの誕生によって、それが成就することになります。ナザレのベツレヘムでのイエスさまの誕生は、ユダヤ人にとって全てを叶えくれる救い主が来たことを意味しました。イエスさまの誕生が神様からの最高のプレゼントである証として、天使たちの歌声が響きわたり、星が多くの人々、王様であり、救い主であるイエスさまのもとに導きます。そして、三人の博士から黄金・乳香・没薬が贈られます。

私たちも最高のプレゼントを下さった父なる神様に感謝し、神様のその愛に一番応える生き方をすることが出来ますように。