ブログtop      月別記事      新着記事      カテゴリー
<< 2016年鐘6月号巻頭言 | main | 2016年鐘8月号巻頭言 >>

2016年鐘7月号巻頭言

 運命の出会い 

主任司祭 ミカエル 山浦 義春

今から数年前、長崎の地で運命を感じさせる出会いがありました。私が本河内教会の主任に着任し3年目に入ったころです。ある日私が祈りをしているとご年配の信徒の私の傍らに来られ、「ゆるしの秘跡受けた言葉をかけてこられましたその方の傍らに付き添ってこれらた方に目をむけると、以前同じように私に声を掛けてこられた方でした。このご年配の方と同じように、祈りをしていた私の傍らに来られ、「ロザリオを貸してください」と言っのでした。この方々との関わりはそれからも続きました。ご年配の方はかねてより「聖母の騎士で出会った神父様から最期の秘跡をうけたい」と希望しており、数かには私がご自宅を訪れ、「病者の塗油」の秘跡を執り行うことになったのでした。帰天されるまでの数か月間は、ご本人とご家族との希望で、ご自宅や病院を何度も訪れ、共に祈りをする機会をもつことが出来ましたその間ご息女の方からお母様の人生を振り返り、聖母の騎士修道院のひとりの外国人修道士と親しかったこと、聖母の騎士修道院のルルドをとても気に入っていたことそして3年前から「ゆるしの秘跡」を受けたいと言ってまた久しぶりに聖母の騎士修道院を訪れるようになっことなど伺うことができました。そして5月の中ごろ、天国に召されたのでした。この出会いには続きがあります。ご息女がいる九州と私の今いる東京は遠く離れていますが、その距離を越えて、共に祈り、ミサを捧げる機会を得ているのです。そして今年もその機会が巡って来たのでした。帰天されたお母様の追悼ミサを私が捧げることになったのです。この方々との出会いは偶然のようにも思えますが、今思えば聖母の騎士で祈りをしていなければ生まれなかったものです。祈りを通して神様が私たちを結び合わせてくれたという運命的なものを強く感じます。

今置かれている場所、教会、そしてひと時訪れただけの巡礼の場所であっても、新しい出会い新たな運命の始まりかもしれません。私たちはもっと出会いを喜び、知り合った時の嬉しさを忘れないようにしましょう。その出会いはもしかしたら、神様からの運命の贈り物かもしれません。神様は数々の出会いによって、私たちをそっと旨へかなうものへと導いていらっしゃるのです。